ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 (2007)

ニコラス・ケイジ扮する冒険家ベン・ゲイツが、歴史の謎を解いていくミステリー・アクションの第2弾。彼の祖先に大統領暗殺の汚名を着せた組織との対決をスリリングに描く。

監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ニコラス・ケイジ、ヘレン・ミレン、ダイアン・クルーガー、エド・ハリス、ジョン・ボイド、ハーヴェイ・カイテル、ジャスティン・バーサ

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 (2007)のあらすじ

1865年のリンカーン大統領暗殺事件。その犯人の日記が見つかり、冒険家ベンの祖先が真犯人だと報道された。一族の名誉回復を図るベンは、歴代の米国大統領に伝わる極秘文書を手に入れるべく、大統領の誘拐を企てる。

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 (2007)のあらすじ

歴史学者ベン(ニコラス・ケイジ)のもとに古美術商のウィルキンソン(エド・ハリス)が訪れる。彼がベンに見せたのはリンカーン大統領暗殺事件の犯人ジョン・ウィルクス・ブースの日記の失われた18ページだった。そこにはベンの祖先が暗殺事件に関与していたという記録が残っていた。それは、つまりベン・ゲイツ一族に「リンカーン大統領暗殺者の真犯人」としての汚名がきせられたということだった。真相を追うゲイツは、自由の女神、バッキンガム宮殿、ホワイトハウスといった歴史的な建造物に秘められた暗号を次々と解読。やがて彼は、歴代大統領に受け継がれる秘密文書に辿り着き、アメリカ新大陸の《黄金伝説》への手掛かりが記されていることを知る。世界を支配する事ができるほどの莫大な秘宝を、見えざる敵から守るため、ゲイツは歴代大統領にも不可能だった《黄金都市》の謎に挑むのだった。

関連記事

  1. ゴーストライダー (2007) : Ghost Rider

  2. ノウイング (2009) : Knowing

  3. アダプテーション (2003) : Adaptation

  4. バッド・ルーテナント (2009) : Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans

  5. ウインドトーカーズ (2002) : Windtalkers

  6. 天使のくれた時間 (2001) : The Family Man

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。