バッド・ルーテナント (2009) : Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans

暴力性と宗教描写で話題を呼んだ問題作を鬼才ヴェルナー・ヘルツォークがリメイク。ある事件に巻き込まれた悪徳刑事に扮するニコラス・ケイジが見せる迫真の演技に注目。監督:ヴェルナー・ヘルツォーク、出演:ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、ヴァル・キルマー

バッド・ルーテナント (2009)のあらすじ

ハリケーン襲来時に逃げ遅れた囚人を救出し、その功績で警部補へと昇進したテレンス刑事。だが裏では、ドラッグと賭博にのめり込む堕落した日々を送っていた。そんな彼が不法移民の一家惨殺事件の陣頭指揮を執ることに。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ラスト・リベンジ (2014) : Dying of the Light

  2. ハングリー・ラビット (2012) : Seeking Justice

  3. 不機嫌な赤いバラ (1994) : Guarding Tess

  4. ウィッカーマン (2006) : The Wicker Man

  5. フローズン・グラウンド (2013) : The Frozen Ground

  6. アパッチ (1990) : Wings of the Apache(Fire Birds)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。