バンパイア・キッス (1990) : Vampire’s Kiss

ニューヨークを舞台に、バンパイアに魅せられたエリート・サラリーマンの狂気を描くブラック・コメディ。監督は本作がデビューとなるロバート・ビアマン、脚本はジョセフ・ミニオンが担当。出演はニコラス・ケイジ、ジェニファー・ビールスほか。

バンパイア・キッス (1990) : Vampire’s Kissのあらすじ

ニューヨーク。出版代理店で部長を勤めるピーター・ロウ(ニコラス・ケイジ)は、ある夜自分のアパートに女を連れ込むが、なぜか1匹のコウモリに邪魔されるのだった。次の夜、ピーターはレイチェル(ジエニファー・ビールス)というエキゾチックな美女と出会う。その夜から彼は、レイチェルのとりこになるが、実は彼女は吸血鬼だった。そして彼は、次第と体調に異変を起こし、夜でもサングラスが必要になる。そして突然凶暴性が牙をむくピーターの姿に、彼の秘書アルヴァ(マリア・コンチータ・アロンソ)は恐怖を募らせる。やがて昼夜逆の生活を送る彼にとって、もはやセラピストのグレイザー医師(エリザベス・アシュレー)は何の役にもたたず、レイチェルにも振られたピーターは、永遠に街をさまよう男になってしまうのだった--。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 不機嫌な赤いバラ (1994) : Guarding Tess

  2. コレリ大尉のマンドリン (2001) : Captain Corelli’s Mandolin

  3. ハングリー・ラビット (2012) : Seeking Justice

  4. グランド・ジョー (2013) : Joe

  5. レッドロック/裏切りの銃弾 (1993) : Red Rock West

  6. アパッチ (1990) : Wings of the Apache(Fire Birds)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。