シティ・オブ・エンジェル (1998) : City of Angels

地上の女性と恋に落ち、人間になることを決めた天使の姿を描いたラヴ・ストーリー。ヴィム・ヴェンダース監督の「ベルリン・天使の詩」のハリウッド版リメイクで、舞台をベルリンからロサンジェルスに移し、監督にはブラッド・シルバーリングがあたった。脚本は同作をベースにデイナ・スティーヴンスが執筆。

主演は、ニコラス・ケイジとメグ・ライアン。共演は、デニス・フランツ、アンドレ・ブラウアー、ロビン・バートレットほか。

シティ・オブ・エンジェル (1998) : City of Angelsのあらすじ

ロサンジェルス。天使のセス(ニコラス・ケイジ)は、心臓病の患者を救えずに悔やむ外科医マギー(メグ・ライアン)を見初めて恋に落ちる。セスは天使の掟を破って彼女の前に姿を現す。しかし、天使のままでは彼女を本当に感じて愛することはできない。悩むセスは、そんなある日、マギーの患者である中年男メッシンジャー(デニス・フランツ)と知り合う。メッシンジャーはセスの正体を言い当てて、自分も元天使だと打ち明ける。そして、「天使もその気になれば人間になれる」とセスに教える。決意したセスは永遠の命に別れを告げ、建築中のビルから身を投げ、ついに人間になった。

恋人の同僚の医師ジョーダン(コーム・フォオレ)から求婚され心揺れながらも、セスを忘れられなかったマギーは、別荘まで尋ねてきたセスを受け入れた。その夜、ふたりは結ばれ、セスはマギーを通じて人間としての喜びを知った。だが、翌日、自転車で買い物に出たマギーは帰り道、事故に遭ってあえなく命を落とした。悲しみに沈むセスだが、尋ねてきた仲間の天使カシエル(アンドレ・ブラウアー)に、たとえ一夜でも人として生きられたことの幸せを語り、地上で生きて行くことを誓うのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 月の輝く夜に (1988) : Moonstruck

  2. ラスト・リベンジ (2014) : Dying of the Light

  3. コレリ大尉のマンドリン (2001) : Captain Corelli’s Mandolin

  4. レッドロック/裏切りの銃弾 (1993) : Red Rock West

  5. アパッチ (1990) : Wings of the Apache(Fire Birds)

  6. 不機嫌な赤いバラ (1994) : Guarding Tess

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。