ハングリー・ラビット (2012) : Seeking Justice

ニコラス・ケイジが代理殺人の罠に落ちた平凡な高校教師に扮するサスペンス・アクション。アクションに定評のあるケイジだけに、パトカーとのカーチェイスから、ハイウェイでの危険なスタントまで、とても高校教師とは思えないアクションを次から次へと披露する熱演を見せる。監督は『13デイズ』のロジャー・ドナルドソン。

ハングリー・ラビット (2012)のあらすじ

妻ローラ(ジャニュアリー・ジョーンズ)と平穏に暮らす高校教師のウィル(ニコラス・ケイジ)。だが2人の日常に変化が起きる。ローラが帰宅途中に何者かに暴行され、病院に収容されたのだ。激しく動揺するウィルにサイモン(ガイ・ピアーズ)という男が近づき、代わりに犯人を始末しようと提案する。結果、犯人は何者かに殺されるが、半年後、今度はウィルが誰かの代わりに殺人を強要されるように。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グランド・ジョー (2013) : Joe

  2. バッド・ルーテナント (2009) : Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans

  3. ザ・レジェンド (2014) : Outcast

  4. シティ・オブ・エンジェル (1998) : City of Angels

  5. レッドロック/裏切りの銃弾 (1993) : Red Rock West

  6. 天使のくれた時間 (2001) : The Family Man

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。