ゴーストライダー2 (2012) : Ghost Rider: Spirit of Vengeance

ニコラス・ケイジがマーベルコミックの人気キャラクターに扮したアクション作の続編。病気の父親を救うため、悪魔と契約を交わし、ゴーストライダーとなった男ジョニーが、自らにかけられた呪いを解こうと、ある“運命を背負った少年”を助ける事に。

監督:マーク・ネヴェルダイン&ブライアン・テイラー
出演:ニコラス・ケイジ、キーラン・ハインズ、ヴィオランテ・プラシド

ゴーストライダー2 (2012)のあらすじ

父親を死から救うため、悪魔と契約し、ゴーストライダーとなったジョニー(ニコラス・ケイジ)。だが、彼の中に巣くうゴーストライダーは意思とは関係なく、憎しみや怒りに呼応して姿を現す。そんな闇の力をコントロールできずに苦悩するジョニーに、僧侶からある少年を助けてほしいという依頼が入る。悪魔は少年の体を使って世界を乗っ取ろうとしていた。

ゴーストライダー2 (2012)のストーリー

瀕死の父の命と引き換えにロアーク(キアラン・ハインズ)と契約し、地獄の処刑人ゴーストライダーとなったジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)。制御のきかぬ自身の中の悪魔に絶望し隠遁生活を送っていた。ある日黒人神父のモロー(イドリス・エルバ)が現れ、呪いを解く替わりに一人の少年を守れと依頼される。
少年ダニー(ファーガス・リオーダン)は母ナディア(ヴィオランテ・プラシド)と2人、スリで生計を立てる逃亡生活を送っていた。この少年こそ、ロアークがこの世で完全な身体を手に入れるために生まれてきたロアークの息子だった。かつてナディアが瀕死の重傷を負った時、その命を助ける代わりに悪魔の子を懐胎する契約をロアークと結んでしまったという。 ロアークは息子ダニーを捕まえるべく、ダニーの母ナディアをよく知る悪人キャリガン(ジョニー・ホイットワース)にダニー拉致を依頼する。キャリガンの手がダニーに迫ろうとした時、ジョニーはゴーストライダーとなり真夜中のハイウェイを駆け出した。
罪人の気配に引き寄せられたゴーストライダーは、今まさにダニーを連れ去ろうとしているキャリガン一味に辿り着く。ところが武器の密売を手がけるキャリガンから不意にグレネード弾を打ち込まれ、まんまとキャリガンにダニーを奪われてしまった。ジョニーとナディアはキャリガンを知る男から力づくでキャリガンの隠れ家を聞き出し、ダニー奪還に向かうのだった。

関連記事

  1. ラスト・リベンジ (2014) : Dying of the Light

  2. トカレフ (2014) : Rage

  3. コンテンダー (2015) : The Runner

  4. レフト・ビハインド (2014) : Left Behind

  5. ドッグ・イート・ドッグ (2016) : Dog Eat Dog

  6. ブレイクアウト (2011) : Trespass

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。