ランブルフィッシュ (1984) : Rumble Fish

不良グループのリーダーである兄と、その兄を慕う弟の危うい青春の日々を描く。監督は「アウトサイダー」のフランシス・フォード・コッポラ。S・E・ヒントンの原作を基にヒントンとコッポラが脚色。

出演はマット・ディロン、ミッキー・ローク、ダイアン・レイン、デニス・ホッパー、ヴィンセント・スパーノ、ダイアナ・スカーウィッド、ニコラス・ケイジなど。

ランブルフィッシュ (1984) : Rumble Fishのあらすじ

ある地方都市。高校生のラスティ・ジェームズ(マット・ディロン)は、授業をさぼり、ビリヤードにたむろする不良学生だ。彼には、バイクボーイと呼ばれる兄(ミッキー・ローク)がおり、彼は不良グループのリーダーとして君臨していた。何をやらせてもずば抜けているそんな兄に、ラスティは憧れさえ抱いていた。その兄が姿を消してから2カ月が過ぎていた。ある日、いつものようにビリヤードをやっているラスティの元に、パンク派のギャング・リーダー、ビフからの果たし合いの申し入れがあった。彼は迷うことなく受けて立つことにした。

果たし合いの当日、ラスティはガールフレンドのパティ(ダイアン・レイン)をデートに誘うが、彼女を相手にたわむれていると約束の時間が過ぎていることに気がつき駆けつけた。すでに仲間のスティーヴ(ヴィンセント・スパノ)、スモーキー(ニコラス・ケイジ)、BJらが顔を揃えており、そこに、やがてビフを先頭としたパンク派の面々が現われ、果たし合いが始まった。勝負があっけなくラスティの勝利に終わろうとした時、大型バイクに乗った1人の男が現れた。「兄貴」、ラスティが叫んだ瞬間、ビフはガラスの破片でラスティを切りつけた。血まみれになるラスティー。逃げ出すビフの身体を目がけて、バイクボーイがつっ込み、ビフの身体は宙に舞った。

カリフォルニアに行っていたという兄の帰宅に、父(デニス・ホッパー)も喜んだ。父は母に家出されて以来、酒びたりの毎日を送っており、生活保護を受けていた。バイクボーイは、カリフォルニアで母親に会って来たと弟に告げた。「兄は変わった」とラスティは感じた。ラスティがケンカをすれば彼は、「ケンカなどくだらない」と語り、町にあるペットショップに行き、ランブルフィッシュの水槽をじっと見つめていた。ランブルフィッシュとは、タイ産の小さな闘魚の一種で仲間同士で殺し合い、たとえ1匹だけでも鏡に映った自分の姿にさえ向ってゆくという過激な魚だ。ランブルフィッシュを見ながら兄はつぶやいた。「川へ戻せば争わなくなるだろう」…。

夜になって、再びペットショップを訪れたバイクボーイは、ラスティの止めるのも聞かず、ドアを破って店内に入り水槽を抱きかかえると川へ向って歩き始めた。その瞬間1人の警官が銃口を向けた。かねてからバイクボーイを狙っていたパターソンだ。間もなく銃声が響き、バイクボーイが倒れた。そのかたわらで苦しそうに飛びはねるランブルフィッシュをひろい上げると、ラスティはそれを川の中に放すのだった。(ユニヴァーサル映画=CIC配給*一時間三六分)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ペギー・スーの結婚 (1987) : Peggy Sue Got Married

  2. コットンクラブ (1985) : The Cotton Club

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。