ペギー・スーの結婚 (1987) : Peggy Sue Got Married

夫との離婚を決意した中年女性が卒倒をきっかけに高校時代に帰り、己が人生を見つめ直してゆくさまを描くドラマ。監督:フランシス・フォード・コッポラ、出演:キャスリーン・ターナー、ニコラス・ケイジ、ジム・キャリー

ペギー・スーの結婚 (1987) : Peggy Sue Got Marriedのあらすじ

夫との離婚を決意した中年女性ペギー・スー(キャスリーン・ターナー)は現在別居して子供と暮している。ある日、ペギーは娘に堰き立てられて気の進まない高校の同窓会に出席させられた。別居中の夫は高校時代の同級生でもあり、娘は久々に父に会いたかったのだ。その会の最中卒倒したペギーは、現在の記憶を持ったまま高校生だった1960年の世界に帰ってしまう。そこは、当時のままの世界で当時のままの人々が暮らしていたが、ペギーだけは当時の自分にはなかった新鮮な視線で周囲を見つめることが出来た。将来結婚し、そして離婚を決意するに至るチャーリー(ニコラス・ケイジ)ともまだ交際中の日々。破綻すると判っている関係をこのまま続けるべきか否か。ペギーの葛藤の日々が始まった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. コットンクラブ (1985) : The Cotton Club

  2. ランブルフィッシュ (1984) : Rumble Fish

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。