マッチスティック・メン (2003) : Matchstick Men

名匠リドリー・スコット監督&演技派ニコラス・ケイジがコンビを組んだ犯罪ドラマ。潔癖症の中年詐欺師と、14歳の娘が織り成す父娘関係をコミカルかつ温かなまなざしで描く。

監督:リドリー・スコット
出演:ニコラス・ケイジ、サム・ロックウェル、アリソン・ローマン、ブルース・アルトマン

マッチスティック・メン (2003) : Matchstick Menのあらすじ

病的な潔癖症のロイと相棒のフランクは、詐欺行為を生業にしていた。そんなある日、ロイと元妻との間の娘アンジェラが出現。彼らは慣れない父娘関係に戸惑うが、アンジェラは、次第に父親の仕事に興味を抱くように。

マッチスティック・メン (2003)のストーリー

詐欺師のロイ・ウォラー(ニコラス・ケイジ)は強迫性障害を患っており、潔癖症などの症状が現れていた。ある日、常用している薬を誤って全て紛失した上に、薬の入手先である売人が夜逃げして連絡がつかなくなり、まともに日常生活が送れない状態に陥ってしまう。電話に出ないロイの家を訪ねた相棒のフランク(サム・ロックウェル)は、彼に精神分析医のクライン(ブルース・アルトマン)を紹介する。
クラインを訪ねたロイは早々に薬を要求するも、クラインは「薬は処方するが、患者と話してからだ」と譲らず、ロイの状態や女性関係を確認する。ロイは10年以上前に離婚して以来連絡を取っていない元妻ヘザーのことを語り、彼女が当時妊娠していた子供がどうなったのか気になり始めるが、自ら確かめることはできなかった。ロイに頼まれてヘザーと連絡を取ったクライン曰く、ヘザーは会うことを拒んだが、彼女とロイの娘アンジェラ(アリソン・ローマン)は父親と会うことを望んでいるという。
ロイは意を決して14歳になったアンジェラと会い、気さくな彼女との接し方に戸惑うものの、娘と会えたことに喜びを隠せないでいた。一連の出来事からフランクに恩義を感じたロイは、彼から持ちかけられていた大きな詐欺の実行を決意する。

関連記事

  1. ウインドトーカーズ (2002) : Windtalkers

  2. バッド・ルーテナント (2009) : Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans

  3. ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 (2007)

  4. 天使のくれた時間 (2001) : The Family Man

  5. NEXT -ネクスト- (2007) : Next

  6. ロード・オブ・ウォー (2005) : Lord of War

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。