レフト・ビハインド (2014) : Left Behind

突如数百万もの人々が忽然と消え、世界中に混乱が広がる様子を壮大なスケールで描いたパニック・アクション。迫りくる終末を描き全世界でシリーズ累計6500万部を超えるベストセラーとなった『レフトビハインド』を映画化した。監督はヴィク・アームストロング。ニコラス・ケイジが、危機に瀕しながらも乗客の命を救おうとするパイロットを演じる。ほか、チャド・マイケル・マーレイらが出演。

レフト・ビハインド (2014) : Left Behindのあらすじ

突如数百万もの人々が忽然と消え、都市機能が停止、暴動が起こるなど世界中がパニック状態に陥ってしまう。航行中の飛行機内からも衣服や荷物を残したまま乗客が消えてしまい、機内は混乱する。さらに管制塔とも連絡が取れなくなり、パイロットのレイ(ニコラス・ケイジ)は地上に残った娘を心配しつつ、懸命に乗客を守ろうとする。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ウィッカーマン (2006) : The Wicker Man

  2. 月の輝く夜に (1988) : Moonstruck

  3. 不機嫌な赤いバラ (1994) : Guarding Tess

  4. コンテンダー (2015) : The Runner

  5. バンパイア・キッス (1990) : Vampire’s Kiss

  6. ドッグ・イート・ドッグ (2016) : Dog Eat Dog

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。