ハネムーン・イン・ベガス (1993) : Honeymoon in Vegas

ラスヴェガスとハワイを舞台に、ようやく結婚することになったカップルと、2人に横槍を入れるギャンブラーの恋愛騒動を描くコメディ。監督・脚本は、アンドリュー・バーグマン。主演は、ニコラス・ケイジ、ジェームズ・カーン、サラ・ジェシカ・ハーパー。ビリー・ジョエル、ジェフ・ベック、ブルース・スプリングスティーン等によるプレスリー・ナンバーが全編に流れている。

ハネムーン・イン・ベガス (1993) : Honeymoon in Vegasのあらすじ

ニューヨークの私立探偵ジャック・シンガー(ニコラス・ケイジ)は死んだママ(アン・バンクロフト)の遺言、「結婚だけは絶対にするんじゃないよ!」が忘れられない。恋人ベッツィ(サラ・ジェシカ・パーカー)はそんな彼に別れ話を切り出すが、ジャックはラスヴェガスで結婚式を挙げる決意をし、彼女を喜ばせた。プレスリーのそっくりさん大会が開かれているラスヴェガスに到着した2人は、カジノで大はしゃぎ。しかしベッツィを熱い眼差しでみている男がいた。彼は大金持ちのギャンブラー、トミー・コーマン(ジェームズ・カーン)。ベッツィは彼の亡き妻に瓜二つだった。ジャックをポーカーでカモにし、6万ドルの借金を作らせたトミーは、交換条件に、ベッツィと週末のデートをさせろと迫った。トミーは言葉巧みにベッツィをハワイに連れて行ってしまう。後を追ったジャックだが、トミーの妨害工作を受け、あげくの果てに刑務所へ。出所した彼に、タクシー運転手のマヒ(パット・モリタ)が、「2人は結婚するためにヴェガスに戻ったよ」と爆弾発言。ジャックはヴェガスに戻ろうとするが、なぜか飛行機はすべて欠航。ヒッチハイクするジャックの前に、エルヴィス・ルックの一団が現れ、陽気な彼らの飛行機にジャックは便乗し空路ヴェガスへ。ホテルのショーのアトラクションとしてパラシュートで降下するエルヴィス軍団と共に地上に降りたジャックは、無事ベッツィを取り戻すことができたのだった。

関連記事

  1. コン・エアー (1997) : Con Air

  2. フェイス/オフ (1998) : Face/Off

  3. シティ・オブ・エンジェル (1998) : City of Angels

  4. アパッチ (1990) : Wings of the Apache(Fire Birds)

  5. 8mm (1999) : 8mm.

  6. ワイルド・アット・ハート (1991) : Wild at Heart

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。